知識の泉

幼児向け教材・チラシ広告・ホームページ作成・PCレッスン・デザイン・印刷 パソコンのことならなんでも「知識の泉」におまかせ!!

〒341-0021 埼玉県三郷市さつき平1

教材

今週の絵画(9月2週)

今週の絵画は、ジャン・オノレ・フラゴナールの「ブランコ(The swing)」です。

絵画って調べていくと、本当に面白い記事に出会えます。

今月は、ロココ美術の時代18世紀フランスの絵画について書いています。

このブランコという作品は、女性の夫が背中を押し、その女性の愛人がスカートの中を覗き込み、キューピットの銅像が「シッ」と唇に指を立て、脱げやすい靴は「尻軽」の証拠といった内容のちょっと子供たちには教えられない解説になってしまいそうだったので、当初は避けていました。

ところが、このエロティックな作品をなんと子供たちの大好きなディズニー映画が取り上げていたという事実を知り、解説の内容を変えれば逆に子供たちが興味を示すのでは?と思い9月2週目は、この作品に決めました。

この作品「ぶらんこ」は、フラゴナールが画家としての絶頂期1768年頃、サン・ジュリアン伯爵に依頼されて描かれフランスで大絶賛されました。2014年ディズニー映画「アナと雪の女王」の中で、戴冠式の朝、アナが多くの人との出会いを期待して「生まれてはじめて」の曲を歌うシーン。

その中で、アナはアレンデールのお城の絵画に合わせて様々なポーズをとります。その絵画の一つに別のディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の主人公ラプンツェルがブランコに乗った絵がありました。

実は、その絵はこのフラゴナールのブランコがモデルになっているのです。

絵画

今までも絵画についての教材は、いくつか作ってきたのですが、今春から毎週1人の画家をテーマにして、今までとは違った目線から絵の解説をしています。

ルネサンス期から始めて、ルネサンス後期のマニエリスム、バロック、オランダ黄金時代、ロココ、ロマン主義・・・と月に4人ずつ1年間に渡って仕上げていくつもりです。

本当は、ゴシック期以前から始めたかったのですが、この頃の絵画ってほとんどが裸?!なので、子供たちに見せるのにはちょっと抵抗があり、端折ってしまいました。

8月4週目にご紹介するアーティストは、ヤーコプ・ファン・ロイスダール。

世界中で最も賞賛された「オランダ黄金時代」と呼ばれるこの時期までの絵画の依頼主は、教会や王家がほとんどだった為、宗教的な絵や写真代わりの人物画がほとんどであった。
ロイスダールは、この17世紀のオランダで、豊かになった市民階級の家屋を飾る絵画として風景画というジャンルを確立した最も重要な画家である。
この絵のタイトルである「漂白場」とは、17世紀ハールレムの主要産業である亜麻布(リネン)を漂白する作業場のこと。

ハールレム (Haarlem) は、オランダの北ホラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)であり、州都が置かれている都市で、かつてはオランダ系移民の住居地だったニューヨークのハーレム地区の名称は、このハールレムに由来するそうです。